ピコレーザー 30代 肝斑

30代の肝斑にピコレーザー治療。

肝斑

 

メイクでも中々隠せない・・・

 

30代は様々な肌悩みが出てきますが、その一つが肝斑です。

 

肝斑とはほほ骨や額のあたりにできやすいモヤモヤとしたシミで、左右対称に広がるのが特徴です。
メイクをしても浮き出てしまうことが多く、顔が老けた印象になってしまいます。

 

原因はよくわかっていませんが、妊娠やピルの服用によってできることが多く、女性ホルモンが関係していると考えれています。
普通のケアでは治すことが難しく、一般的なレーザー治療も濃くしてしまうといわれてきたシミです。

 

ピコレーザーでメラニンを壊す!?

 

しかし、近年ではレーザー治療で治療することもできるようになってきています。

 

治療の難しい肝斑を改善するのに役立つのがピコレーザーというレーザーを使った治療です。
ピコレーザーは通常のレーザーよりも出力が強いのが特徴になります。

 

肝斑はホルモンバランスが崩れるなどの要因で常に炎症が続き、その結果メラニンが作り出される炎症性色素沈着だと考えられています。

 

通常のレーザーでは炎症を悪化させてしまいますが、ピコレーザーは炎症を起こさせない弱いパワーで
レーザーを照射することでメラニンを少しずつ壊してき治療できるとされています。

 

また、肌のキメを整えて毛穴の引き締めなどの効果も期待できる方法です。